「Mignon Reform」では、おしゃれな生活やDIY、デザイン、節約などを掲載。「mignon / mignonne」(ミニョン/ミニョンヌ)とはフランス語でかわいらしいを意味します。かわいらしいをテーマに素敵な記事をお届けします。

おいしい米の品種はどれ?人気のお米15品種とお米の選び方まとめ

お米の歴史と種類

日本人なら知っておくべき米の歴史

出典: www.drwallet.jp

稲作の技術は中国から九州に伝わり、およそ3000年以上前(縄文時代)の日本では、すでにお米が作られていました。縄文時代から弥生時代にかけてその技術は日本全国に広まり、雨が多く降る梅雨と雨が少なく暑い夏の両方がある日本の気候が稲作に適していたことから、日本人の主食として根付いてきました。

稲作の技術が発達してくると、お米をたくさん持っている村とそうでない村の格差が生まれ、お米を多くを持った集団が権力の象徴となりました。

お米は国づくりの中心にいつもあり、日本という国家の発展に大きく関わってきました。お金と同じ力を持ち、長い間年貢として納められていました。

お米には、どのくらいの種類がある?

米は大きく分けると、普段私たちが食べているのが粘り気のすくない「うるち米」と粘り気が多くて餅や赤飯、おこわなどに使われる「もち米」の2つに分類されます。この2つを合わせて、現在日本では300種類以上もの品種のお米が作られています!

販売されるときは、一つの品種をそのまま販売する場合「銘柄米」・「オリジナル米」と、いくつかの品種を混ぜて販売する場合の「ブレンド米」があります。

品種改良を重ねておいしい米が作られている

出典: www.nikkei.com

日本では、日々米の品種改良のための研究が続けられています。品種改良を行う理由は、
・おいしさ(水分量、炊きあがりの美しさ)
・育てやすさ(寒さ・病気に強い・収穫時期・稲が倒れにくい)
を改良し、よりその産地や土壌にあったお米を作ることです。

品種改良を行う際には、まずどんなお米を作りたいかを決めます。「寒い産地に適したお米にしたい」や「水分量の多いお米にしたい」などお米の性質を決めます。そうして、それらの性質をもったAとBのお米を掛け合わせて実際に栽培します。AとBから生まれたCとその他の組み合わせで生まれたDをさらに掛け合わせるなど、いろいろな組み合わせで試します。

そうしてできた稲の中から、目標とする性質にあったものを選びます。その稲に関して様々な検査を行ったあと、新たな品種として登録されます。こうして長い時間と費用をかけておいしいお米が作られているんです。

お米の品種が検索できるデータベース

お米の品種がどんな品種との掛け合わせで、どのような手順で作られたのかを誰でも検索できるデータベースもあります。国立研究法人農業・食品産業技術総合研究機構 作物研究所のホームページ上で、品種名や稲の特性からお米を検索できます。どのようにできたお米か知りたいときには、ぜひ利用してみましょう。

品種検索のページへ

最近のおいしいお米の産地

出典: www.omusubi-gonbei.com

2013年度の米の総生産量第一位は新潟県、次いで北海道、秋田県、山形県、茨城県となっています。米はもともと暖かいところほど生産量が多いと思われがちですが、寒いところでもできる米の品種改良や栽培技術が向上し、.昼の気温と夜の気温の差が大きいことが稲の生育にはよい条件となって収量がります。これにより、北海道や東北での生産量が多くなっており、品種改良も盛んに行われ、おいしいお米がどんどん生まれています。

おいしい米品種の選び方

お米の等級と食味ランキングについてご紹介します。どちらも美味しいお米を選ぶ際の目安になるものですが、実際は微妙に違うものです。

米の等級について

出典: blog.livedoor.jp

お米は収穫後に等級検査を受け、一等米・二等米・三等米・規格外米というように、ランク付けされます。

等級検査は、一定量の玄米のなかにきちんと整った形をしている米つぶの割合(整粒歩合)や虫食いの有無、着色粒の割合、水分量などから検査して判定します。この等級検査の結果は食味・食感等におおいに関係しますが、実食して行う検査ではなく、見た目のみによる目視検査です。

出典: makiekome.exblog.jp

等級検査の結果は、等級ごとのスタンプで表記されます。ちなみにこちらの○枠の中に点が一つあるスタンプは一等米の判定を表しています。二等米は斧の様な形の枠の中に点が2つ、三等米の場合は△枠の中に点が3つのスタンプが押されます。

米の食味ランキングについて

出典: www.hachidaime.com

米の食味検査は、外観・香り・味・粘り・硬さを、基準米(複数産地コシヒカリのブレンド米)と比較します。また、炊飯した白飯を試食して評価する食味官能試験もあります。

ランクは、この検査の結果に基づき、全国規模の産地品種について実施されています。基準米と比較しておおむね同等のものを「A’」、特に良好なものを「特A」、良好なものを「A」、やや劣るものを「B」、劣るものを「B’」として評価しています。

本当においしいお米はどれ?人気の品種の特徴

ゆめぴりか

出典:  www.amazon.co.jp

【精米】ホクレン 北海道産 ゆめぴりか 5kg 平成27年産

¥2,723 (税込)

※最新の情報は商品ページをご確認ください

商品ページへ www.amazon.co.jp

ゆめぴりかは、北海道で生まれた品種です。日本一おいしい米を作りたいという「夢」と、アイヌ語で美しいという意味のある「ピリカ」を合わせて「ゆめぴりか」と名付けられました。

特長としては、味を左右するアミロースが低く、粘りがあります。低いほどやわらかいとされるタンパク質も比較的低く、やわらかくつややかに炊きあがります。さらに、粒が厚くて収量性も高い品種です。

日本穀物検定協会発表の平成26年産米食味ランキングでは、最高位の「特A」に輝きました。ANAの国際線ファーストクラスの機内食として採用されるなど、各方面からの評価も高いお米です。

つや姫

出典:  www.amazon.co.jp

【精米】山形県産 白米 つや姫 5kg 平成27年産

¥2,380 (税込)

※最新の情報は商品ページをご確認ください

商品ページへ www.amazon.co.jp

つや姫は、山形生まれのお米です。コシヒカリやササニシキ、ひとめぼれなどの優良品種の系譜をたどっており、開発に10年もの歳月をかけて作られ、長い年月をかけて大切に育てた想いを「姫」という文字に込め、お米の炊き上がりの「つや」と輝きの美しさをかけて、「つや姫」と名付けられました。

米の粒が大きくて粒ぞろいが良く、つやが素晴らしいのが特徴です。お米の粒の大きさが均一なので、米粒が吸う水の量も均一になり、ムラなく炊きあがります。日本穀物検定協会の食味試験では3年連続で「特A」を獲得した信頼できる品種です。

にこまる

出典:  item.rakuten.co.jp

減農薬栽培!H27年新米宮崎県産一等米にこまる★5kg

¥2,680 (税込)

※最新の情報は商品ページをご確認ください

商品ページへ item.rakuten.co.jp

にこまるは、九州で生まれた品種です。ニコニコ笑顔がこぼれるほどおいしい品種であることと、丸々とした粒張りのよさとを表現して「にこまる」と名付けられました。

お米の特徴は、粒が大きくて丸くて粒ぞろいが良く、一粒一粒がしっかりしており、炊き上がりのご飯のつやが良いことです。同じく九州で代表的なブランドである「ヒノヒカリ」よりもやや触感が柔らかめです。長崎産の「にこまる」は、5年連続で最高ランクの「特A」を獲得している優良品種です。

ななつぼし

出典:  item.rakuten.co.jp

【産地直送】地域限定 27年産 北海道産ななつぼし 5kg <白米>

¥2,340 (税込)

※最新の情報は商品ページをご確認ください

商品ページへ item.rakuten.co.jp

ななつぼしは、北海道内で生産量1位・消費量1位と急激に生産量を伸ばしている品種です。寒い北海道での稲作は、一般的に他地域より農薬の使用量が少なく済むという特長があり、実際に農薬量も全国平均の8割程度しか使用されていないのも強みになっています。

ほんのり甘みがあり、余計な粘りがなく、硬めでも柔らかめでもないバランスのとれた品種です。あっさりとした米質でおかずを引き立てます。

ひとめぼれ

出典:  www.amazon.co.jp

【精米】岩手県産 白米 ひとめぼれ 5kg 平成27年産

¥1,680 (税込)

※最新の情報は商品ページをご確認ください

商品ページへ www.amazon.co.jp

ひとめぼれは、コシヒカリと初星を掛け合わせて宮城県で生まれた新しいお米です。岩手県や茨城県でも広く生産され、コシヒカリよりも大粒で少し甘めの味わいが特長です。食味ランキングでは9年連続・18回もの「特A」を獲得しており、93年以降の獲得数は新潟県「魚沼コシヒカリ」に次いで2番目となっています。

粘り・ツヤ・うまみ・甘み・香りのトータルバランスがよく、冷めてもおいしいのでいろいろな料理に合うオールマイティなお米として知られており、料理と相性抜群の品種です。

あきたこまち

出典:  www.amazon.co.jp

【精米】秋田県産 白米 あきたこまち 5kg 平成27年産

¥1,980 (税込)

※最新の情報は商品ページをご確認ください

商品ページへ www.amazon.co.jp

あきたこまちは、コシヒカリを親に持つ品種です。おもに秋田県や岩手県で作られていて、豊富な水と豊かな土壌を持つ秋田県の気候に最も適した品種として改良が重ねられました。ネーミングは秋田県ゆかりの小野小町にあやかり、「日本一おいしいお米の品種としてみんなに愛されてほしい」という願いを込めて名付けられました。現在では秋田県はもちろん、国内を代表するお米の品種として愛されています。

炊きあがりはつややかであっさりした味わい。他の品種より水分が多く、粘りがあってもちもちした食感です。さらに冷めてもおいしいのでおにぎりやお弁当にぴったりです。

ヒノヒカリ

出典:  www.amazon.co.jp

【精米】長崎県産 白米 ひのひかり 5kg 平成27年産

¥1,420 (税込)

※最新の情報は商品ページをご確認ください

商品ページへ www.amazon.co.jp

ヒノヒカリは、宮崎県で生まれたお米です。九州ではコシヒカリを凌ぐほどの人気で、全国的にも広く作られるようになりました。現在はコシヒカリ、ひとめぼれに次いで全国第3位の作付品種にまで成長。なかでも24年度の大分県豊肥地区産のヒノヒカリは、最高ランクの「特A」を獲得しています。「ヒノヒカリ」という品種名は、西日本(九州)の太陽を現す「日」と、光り輝くようなお米粒からきています。

米粒はやや小粒で、粒に厚みがあり、全体的に丸みがあります。食味が良く子孫の中では一番コシヒカリに似ており、味・粘り・香りの3拍子揃った品種です。

コシヒカリ

出典:  www.amazon.co.jp

【精米】新潟県北越後産 特別栽培米白米こしひかり5kg平成27年産

¥2,380 (税込)

※最新の情報は商品ページをご確認ください

商品ページへ www.amazon.co.jp

新潟生まれのコシヒカリは断トツの認知度があり、作付けもしやすい品種であることから全国で作られている収穫量の多いブランド米です。食味が大変優れ、噛むと甘みを感じられるしっかりした味わいが特長です。アミロースやアミノペクチン、タンパク質といった成分それぞれのバランスが良く、粘り・つや・香りの3拍子が揃っています。あきたこまち・ひとめぼれ・ヒノヒカリといった多くの人気品種の親でもあります。

全国的に人気のコシヒカリの中でも、特に高い評価を得ているのが新潟県魚沼産のコシヒカリです。米の生産に適した環境のもとで作られる魚沼産コシヒカリは認知度も高く、ブランドとして確立されつつあります。

ミルキークイーン

出典:  www.amazon.co.jp

新潟県産 白米 ミルキークイーン 5kg 平成 27年産 新米

¥2,850 (税込)

※最新の情報は商品ページをご確認ください

商品ページへ www.amazon.co.jp

ミルキークイーンはコシヒカリの品質改良によって生まれました。アミロース含量がコシヒカリより45%程低く、もち米に近い品種です。農林水産省が主体となって開発されました。

一見するとお米の名前ではなさそうな名称ですが、普通のお米よりも玄米の見た目が透明で、お米の色が乳白色に見えることから「ミルキークイーン」と名付けられました。

炊飯するとつやつやと輝き、粘り強くもちもちした食感が特長です。通常のお米よりも軟らかくなりやすいので、炊飯時には水分量を10~15%ほど減らすと適度な硬さになり、冷えた後も硬くなりにくいので、おにぎりやお弁当に適しています。

はるみ

出典:  www.amazon.co.jp

【精米】茨城県産 白米 はるみ 5㎏ 27年度産

¥1,580 (税込)

※最新の情報は商品ページをご確認ください

商品ページへ www.amazon.co.jp

はるみは、JAが長い年月をかけて育成した品種で、コシヒカリとキヌヒカリを交配させた品種です。湘南で生まれ茨城県で育ち、23年産で本格的にデビューしたばかりです。

もっちり感は残しつつも粘りは少なく、粒がしっかりとしています。つやよく炊き上がり、甘みも強い品種なので、塩むすびなどのシンプルな食べ方がおすすめです。

あけぼの

出典:  www.amazon.co.jp

新米27年産 岡山県産 アケボノ 10kg

¥3,280 (税込)

※最新の情報は商品ページをご確認ください

商品ページへ www.amazon.co.jp

あけぼのは岡山県産のお米で、全体の99%が岡山県内で生産されています。西日本で広く作付けされている「旭(朝日)」を代替する品種に成長してほしいという期待を込め、その類語である「あけぼの」と名付けられました。
     
大粒で粘りやコシ、硬さのバランスが良く、ほど良いやわらかさと歯ごたえが特長です。白米だけでなく、発芽玄米や酒造用米としても用いられます。

旭1号

出典:  www.amritara.com

熊本 自然栽培 清水自然村のお米 【旭一号】玄米 5kg

¥5,800 (税抜)

※最新の情報は商品ページをご確認ください

商品ページへ www.amritara.com

西日本の在来品種であり、昭和初期からの歴史をもつ「幻の米」と呼ばれるお米です。大粒で食味もよい反面、病気に弱く籾がとれやすい欠点もあってほとんど栽培されなくなっていました。

その価値を知る一部の農家の間で自家米、贈答品として細々と栽培されていましたが、熊本県内の消費者から「旭一号」の復活を待ち望む声が上がり、奨励品種に採用されました。

栽培が難しいうえ、自然農法で作られているため出荷量は少なく、高値で取引されていますが、安全でおいしいお米を求める消費者から愛されている品種です。

きぬむすめ

出典:  www.amazon.co.jp

米屋清米衛 27年産 鳥取県 白米 きぬむすめ 5kg

¥2,052 (税込)

※最新の情報は商品ページをご確認ください

商品ページへ www.amazon.co.jp

きぬむすめは、食味に優れた「キヌヒカリ」を親に持ち、その資質を受け継いだブランドに成長してほしいという願いを込めて「きぬむすめ」と名付けられました。中国地域等の7府県で奨励品種に採用され、島根県をメインとして大阪・和歌山・鳥取・兵庫・山口・静岡などで生産されています。

白くてつやのある炊きあがりで粘りが強く、やや柔らかめの食感です。コシヒカリよりも淡白であっさりした飽きのこない味が特長です。2年連続で「特A」を取得しており、今注目の銘柄です。

森のくまさん

出典:  www.amazon.co.jp

【精米】 熊本県産 白米 森のくまさん 5kg 平成27年産

¥2,080 (税込)

※最新の情報は商品ページをご確認ください

商品ページへ www.amazon.co.jp

森のくまさんは、熊本で生まれた品種で、ヒノヒカリとコシヒカリを掛け合わせて誕生しました。ユニークなネーミングが目を引きますが、「緑豊かな森の都の熊本で生産された米」であることを表しています。

日本穀物検定協会が発表した2012年産の「米の食味ランキング」では、名だたる有名銘柄を押さえ、なんと全国1位に選ばれました!米粒は普通のお米よりやや細く、食感はもちもちしていて粘りが強いお米です。またほどよい甘みのあるおいしさで、親であるコシヒカリをしのぐほどとも言われています。食味ランキングでも3年連続「特A」を獲得しており、注目を集めています。

はえぬき

出典:  www.amazon.co.jp

【精米】山形県産 はえぬき 精米 5kg 平成27年産

¥1,882 (税込)

※最新の情報は商品ページをご確認ください

商品ページへ www.amazon.co.jp

はえぬきは、平成4年に山形県で生まれたお米です。コシヒカリやササニシキ、あきたこまちなどの系統を受け継いでおり、登場から21年目でありながら、米の食味ランキングで「特A」をなんと20年連続で受賞。「その地で生まれ、その地で育つ」意味をもつ「はえぬき」のネーミングにふさわしい経歴をもちます。

お米の粒がしっかりしているのでふっくら炊きあがり、冷めてもおいしく食べられることから、大手コンビニチェーンのおにぎりやお弁当にも使われています。

味では、ブランド米の魚沼産コシヒカリに引けをとらないレベルでありながら山形県外での栽培はほとんどなく、知名度はそれほど高くないため比較的安価で流通しており、「安くておいしいお米」として愛されています。

日本人なら知っておくべき米の歴史

お米には、どのくらいの種類がある?

品種改良を重ねておいしい米が作られている

お米の品種が検索できるデータベース

最近のおいしいお米の産地

米の等級について

米の食味ランキングについて

ゆめぴりか

つや姫

にこまる

ななつぼし

ひとめぼれ

あきたこまち

ヒノヒカリ

コシヒカリ

ミルキークイーン

はるみ

あけぼの

旭1号

きぬむすめ

森のくまさん

はえぬき

Uncategorized

最近のコメント

    カテゴリー